祝電の文化

茶色い箱のプレゼント

昔から、結婚式やその他の式典に欠かせないものとして、祝電はありました。お祝いの心を簡素に美しくまとめた文字に乗せて打ち出す、電報のことです。心のこもったお祝いのメッセージは、きっと会場をあたたかくしてくれるでしょう。

Read more

マナーを守って

赤い箱のプレゼント

結婚式ではなかなか写真を撮る時間がないので、前撮りを名古屋のスタジオで撮影しておくと良いでしょう。最高に綺麗な一枚を残せます。

結婚式に招待されたけれど、やむを得ない理由で欠席しなければならない場合もあるでしょう。そんな時に祝電を送ると喜ばれます。しかし祝電にも色々注意点やマナーがあります。  結婚式場に送る時は前日までに送るようにしましょう。この場合当日披露宴で読まれることも多いので、忌み言葉や重ね言葉などのNGワードには細心の注意を払いましょう。ネットで検索すると例文がたくさん出てきますので、そのまま使うのもお勧めです。  またお礼はいらないからと氏名や連絡先を書かない人が時々見られますが、お礼をするかどうかを決めるのは先方ですし、手間を取らせる事にもなりますので必ず氏名と連絡先は入れましょう。  マナーをキチンと守って、結婚をお祝いしたいものですね。  

 少し前までは電報イコールNTTの115というイメージでしたが、十数年前に法律が変わって他企業の新規参入が可能になりました。そのため電報の種類もバラエティ豊かなものになってきています。  例えばバルーン祝電や家で飾れるフォトフレームやしゃべるぬいぐるみ、ガラスの靴などもありますね。台紙も和紙でできた和モダンなものやラインストーンが付いたものなど様々です。ネットで検索するとたくさんの専門店がヒットしますし、見ているだけでも楽しいものです。  しかし大きな祝電はインパクトとサプライズ感はありますが、持って帰るのが大変だったという意見も聞かれます。結婚式後の新郎新婦の荷物は多いので、そのことも頭に入れて祝電を選びましょう。  一番大事なのは結婚をお祝いする気持ちですが、そこに新郎新婦への気遣いもあると間違いがなくなりますよ。      

二人で最高の結婚写真を撮って欲しいと考えている人は必見となっています。気になる人はサイトを確認してみるといいでしょう。

ドレスを選ぶ

クマの花嫁

結婚式で、特に女性にとって大切なのは何と言ってもドレス。特に花嫁となる人にとっては、ウェディングドレスはもちろん「二次会ドレス」も大切です。楽しい二次会を華やかにするドレス選びをしましょう。

Read more

現代の結婚式

海と花嫁と花婿

結婚式も、やはり時代に則したものになっていきます。コストを抑えながらも楽しく美しいウェディングを営める、そんな結婚式場を国内で、あるいは海外で見つけることも難しくはありません。

Read more

前撮りについて

達成した女

結婚写真、それは文字通り生涯で1枚きりの写真であって、完璧にしたいと思うのが人情というもの。とはいえ、式当日はバタバタしてちゃんとした写真が撮れるかどうか……そんなときに便利なのが「前撮り」です。

Read more

定番の式場で

竹林と新婦

結婚式を挙げられる場所としては、いろんなところを思い浮かべることが出来ますが、やはりそのためにある定番の結婚式場は、心に残る結婚式を挙げることが出来るという点で良い場所と言えます。

Read more

オススメリンク